子どもの意志を尊重して東大生の家庭教師と中学受験に取り組む

3月 19, 2015 by tubuyaki

2016年度の麻布中学の合格体験記等にも書かれていますが、私は中学受験の必要性を考えた事はなく、科学の実験に目覚めた小学校3年生の子どもから、将来は東大に進学したい旨を伝えられた時は驚きました。活動的に外で遊ぶ事よりも、インドアで1つの事に熱中する事が常日頃から多かった子どもでしたが、まさか勉強をもっと本格的にやりたいという思いが告げられるとは、思ってもみませんでした。

影響力の大きかった家庭教師の存在


塾よりも家庭でマンツーマンに勉強を習いたいという子どもの意向に沿い、中学受験の講師求人で見つけた家庭教師の方に依頼し、週に3回、学校では習う事のない専門性の高い勉強を教えてもらうようになり、子どもはとても満足しているようでした。小学校5年生になってからは、中学受験対策のために現役東大生の方に家庭教師として指導してもらうようになり、子どものモチベーションが大きく向上し、成績もアップしました。中学受験・偏差値アップは、小学生の子どもにとって辛く苦しい挑戦と言われていますが、家庭教師の方との相性、子どもの興味がある事から導入する事によって、スムーズに取り組む事ができると思います。現役東大生の家庭教師というと、気難しく、意志の疎通も困難であるという先入観がありましたが、子どもの目線に立ったユニークなキャラクターで勉強への興味が湧きやすい指導が行われ、受験が無事成功しました。家庭教師の方の存在が、影響を与える因子も大きいと思います。

Sorry, the comment form is closed at this time.